心と体がバラバラになったら|ストレスが原因の病気

精神的な負荷がかかると

男性

性格診断を利用すると、ストレスを感じやすい状況やリスクの高い病気が分かります。心身症の治療を行う心療内科では、性格の傾向を踏まえて現実的な治療を行います。認知行動療法や精神安定剤などを用いて、ストレスを少なくしていくのが心療内科医です。

More Detail

二種類の心の病

カウンセリング

ストレスに起因する心の病気には、身体症状が強いものと精神症状が強いものの2種類があり、それぞれで治療の方針が異なります。心の病気の症状は更年期にも現れることが多く、高齢化によって特に女性の患者が増えており、社会の理解度の高まりと相まって人々の関心を集めています。

More Detail

健康な生活を送るために

病院

うつ病の原因

現代人は、日々様々なストレスと戦いながら過ごしてします。仕事をしているサラリーマンも、子育て中の主婦も、学生でも、取り巻く環境の違いはあれど、ストレスをまったく感じないという場所はほとんどありません。皆、何らかのトラブルや問題を抱えながら、日々を過ごしています。しかし、そこで感じる適度なストレスは、自分を成長させたり、物事を解決する力がついたりなどのメリットをもたらすことがあります。耐性も身に付きますし、趣味や旅行などがより一層楽しく感じられるというメリットを生み出すこともあります。しかし、ストレスを過度に感じてしまうと、それらが心と体をむしばみ、様々な病気をもたらしてしまうこともあるので、注意が必要です。過度なストレスがもたらす病気の中でも、最も多いのがうつ病と呼ばれるものです。うつ病は、自律神経が乱れ、憂鬱な気持ちが続いたり、常に絶望的な気分になったりといった症状が現れてしまう病気です。ストレス社会と言われている現代、うつ病になってしまう人は増えてきていると言われています。また、その他にも適応障害や胃潰瘍なども、ストレスがもたらす病気の一つです。うつ病と併発して引き起こることも多いため、注意が必要です。

精神科へ行きましょう

また、ストレスがもたらすその他の病気として、脳卒中や糖尿病、過敏性腸症候群などもあげられます。これらは生活習慣病と呼ばれるものの一種で、過度なストレスの他に、偏った食生活や睡眠、運動不足などが原因となって発症することがあります。このような病気になった場合、おすすめなのは精神科へ行くことです。体に症状が現れた場合でも、原因は抱えるストレスによって心がむしばまれていることにあるからです。精神科や心療内科では、病気の原因となったトラブルやストレスを聞きだし、問題解決のアドバイスという治療を行ってくれる場合もあります。心のストレスを取り除くことで、自然と体への症状も和らぐことがあるからです。精神科を初めて受診する際には勇気がいるかもしれませんが、決して怖いところではありません。現在心に問題を抱えているという人は珍しくなく、きちんとしたライセンスを持った専門の医師が話を聞いてくれるため、落ち着いて受診することが出来ます。ストレスを上手にコントロールし、病気にならないためにも、様々な症状が出た場合にはまずは精神科を受診し、心を落ち着かせてみることが大切です。ストレスと上手に付き合っていくことで、健康な生活を維持することが出来るのです。

精神的に参った時

医師

ストレスから生じるうつ病を始めとした病気は、自分の性格を知り、そして適度に発散していくことで予防できます。発散方法はいろいろありますが、自分にあったものを見つけ、それ自体が重荷にならないように行えることが肝要です。

More Detail

心と身体は表裏一体

人形

ストレスが原因の病気と言うとうつ病など精神疾患を思い浮かべますが、身体のあらゆる箇所に症状となって現れます。病気が中々治らない時は、ストレスを疑いましょう。ストレスの要因には精神面だけではなく、環境や身体面などあらゆるものがあります。予防・改善にはその種類に合わせて対処しましょう。

More Detail