精神的な負荷がかかると|心と体がバラバラになったら|ストレスが原因の病気

心と体がバラバラになったら|ストレスが原因の病気

精神的な負荷がかかると

男性

性格傾向を把握しよう

同じ環境に置かれても、ストレスの感じ方には個人差が出ます。このような違いの背景にあるのが、その個人の性格です。元来の性格によって、日常生活においてもストレスの多い方と比較的少ない方に分かれます。人間関係などにおけるストレスは、概して他人に気を遣いやすいタイプの方に多い傾向が見られます。一方、マイペースを貫くタイプの方は、対人関係のストレスを余り感じずに過ごすことが可能です。一般的にそれぞれの性格によって、ストレスを感じる状況は異なります。最近では、性格診断からなりやすい病気をチェックすることが出来ます。病気のリスク管理がしやすくなるのが、このようなチェックサービスです。例えば、競争心が強い性格の方は、ライバルが出現する状況で大きなストレスを感じます。ストレスがかかると、心臓や血圧に異常が出やすいのがこのようなタイプの方です。自分の性格傾向やなりやすい病気が分かれば、精神的な負荷を避けるような工夫が凝らせます。競争心を抑え、終始マイペースを貫くなどの方法で、心を穏やかに保つのが、この場合は一つの方法です。自分の性格を知っておくことが、精神的な影響による病気を予防するための一歩になります。

狭心症や高血圧が増える

競争心の強い方は、ストレスによって心臓や血管に大きな負荷がかかります。ですので、狭心症や高血圧などになりやすくなるのが特徴です。この手の病気は、心療内科などでは心身症の一つとして扱われます。本人が対処できない性格の問題に、適切な治療を施すのが心療内科です。他人と比較しがちな癖や急ぎすぎる性格は、病気の原因とみなされ治療の対象です。認知行動療法などを適用して、ストレスを感じない状態へと導くのが心療内科医の役割でもあります。考え方自体を変えることが、病気の要因を減らすアプローチです。心身症の中には、実際狭心症や高血圧のように命に関わるものも含まれます。ですので、未治療で長期間過ごす場合のデメリットは甚大です。心療内科医はそういった事の重大さも踏まえながら、現実的な治療を展開していきます。過度の緊張を抱えがちな方には、精神安定剤などの気持ちを緩める薬も有効です。本人が問題を認識していない場合は、たいてい治療にも困難をきたします。その場合は、家族の協力を得ながら対策を進めます。考え方を変えることで改善出来る可能性が高いのが、心身症などの性格に起因する病気です。心療内科では、生活改善法なども適宜アドバイスされます。